小さくて愛くるしいティーカッププードルを飼うときに知っておくこと

動物病院での治療

獣医

自分の犬が病気になった時に最寄りの動物病院で治療が可能であり、夜間でも診療を行っていることが多いのが特徴です。しかしその一方でペット保険に加入していないと治療が高くなるので、前もってインターネットなどから申し込みをしておく必要があります。

もっと見る

大切なペットのために

葬儀

家族の一員であるペットが先立ってしまった際に、きちんと最後を見送ることは大切です。最近だとペットのためのペット火葬サービスもあるので、家族であるペットは人間と同じように見送ってあげると良いでしょう。

もっと見る

ティーカップに入る小型犬

プードル

超小型犬だから

ティーカッププードルといえば、なによりもその小さなボディサイズが魅力的なトイプードルですが、もともとのプードルという犬種が賢くて社交性のあるタイプなため、ティーカッププードルも身体は小さくてもそのような特徴を兼ね備えています。それゆえにしつけもしやすくて飼い主に従順です。もっとも小さい身体のために飼い主に対する依存心も強くて臆病になりやすい傾向があり、食事量も少なめですし激しい運動も必要ないため、食事や運動量の管理も身体のサイズに合わせる必要があります。そして抱っこなども急激に強い力で実施すると骨折等の怪我の原因になる場合もあるため、優しく大切に可愛がってあげましょう。そうすることでティーカッププードルも安心して懐いてくれますし、飼い主ともども幸せになれます。

希少性と選び方

まるでぬいぐるみのように小さくて可愛らしいティーカッププードルですが、その小さいサイズの影響で、雄犬は精子数が少なくて雌犬は生理不順傾向にあるために受胎率が低く、さらに雌犬の一回の出産で産める頭数や母乳の量も少ないために、繁殖は困難で手間がかかります。その影響で希少性があり、一般的なトイプードルよりも高価格傾向です。そんな貴重な犬種なので、中には普通のトイプードルをティーカッププードルと勘違いして売買するブリーダーやペットショップもあるため、選ぶ際には注意が必要です。そこでちゃんとしたティーカッププードルを購入するには、実績があることはもちろん、親犬を実際に確認できたり、大きさを保証してくれるといった信用できるブリーダーやペットショップを選ぶようにしましょう。

可愛い家族を迎え入れる

飼い主とペット

子犬販売は里親募集とは違い、プロから子犬をもらい受けることができます。ブリーダーが親犬と子犬どちらも深い愛情を持って大切に扱っているため、将来的に病気や噛みグセなど問題の少ない子犬を家族に迎え入れることができます。

もっと見る